Last update:2014/10/1

ダイニングテーブル

ダイニングテーブルを選ぶときは高さをしっかり見よう。

 

椅子に座って天板の上に自然に手、腕を置いてみて、そのとき肩から腕にかけての筋肉に無理がないか確かめよう。 目安は、肘をついて肩が上がっていたらそのダイニングテーブルは高すぎるということです。

  • ダイニングチェアの座面の高さから、ダイニングテーブルの天板の上面の高さまでを「差尺」というようです(ちょうどひざ小僧ぐらいからテーブルの高さぐらいですね)。この差尺が25〜30cmになるように選ぶのがここちよく食事ができる高さです。

●和食の場合は、低めの70cmぐらい、洋食の場合は少し高めの72cm以上(ナイフやフォークを使うので高めのほうが楽に食事をしやすいみたいです)が理想的です。和洋どっちもという場合は低めを選んだほうが無難かも。

  • ☆ダイニングテーブルもよいけど、最近ローテーブルを使ってるひと多いですよねぇ。おしゃれだし、便利だしお値段もサイフに優しい♪ダイニングテーブルとは別にサイドテーブルとしてつかってもよいしおススメです。ちょっとおしゃれとは違うかもしれませんが、ちゃぶ台にもひかれます。

    古きよき時代みたいな。下のおすすめダイニングテーブルにもご紹介しましたが、まるいテーブルって雰囲気が和む気がします。人間はまぁるいものに癒しをかんじるんだそうですね。アン○ンマンとか○ラえもんとか(笑)それと同じでテーブルのかたちにもあるのかなぁと思ったり。「家具」を知ると、色々と見方が変わってきて面白いですね。

おすすめダイニングテーブル

●木目ローテーブル

ベッドのとこでもご紹介したMOORという家具通販ショップにありました。
異素材を組み合わせていい感じです。こういう和を感じるものに惹かれます。和室も全然いけそう。和室におしゃれな家具があるのってよいですよねぇ。


●レトロダイニング

  • お休みの日って感じのダイニングです。
    近所の家具屋さんで偶然にもめぐり合うことが出来ました。
    天気のいい日に、このテーブルでサンドイッチとか食べると、
    美味しさが倍増しそうな気がします♪ クッションは低反発に似た感じで座りやすいようです。昔のアメリカ映画に出てきそうな感じ。


●まるテーブル

  • まるテーブルってなんか幸せな家族って感じがします。
    ほんとイメージですが・・(笑)
    会話や笑いも増えるような気がします。
    あったかい感じ。